日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 鬼澤忍 (おにざわしのぶ)

著者一覧

鬼澤忍 (おにざわしのぶ)

翻訳家。1963年生まれ。成城大学経済学部経営学科卒。埼玉大学大学院文化科学研究科修士課程修了。 <主な訳書>『これからの「正義」の話をしよう』、『人類が消えた世界』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
競争優位の終焉
  • 書籍

競争優位の終焉

ポーターの考え方はもう古い。変化が常態化し業界の壁が消えるいま、勝ち続けるために必要な「一時的競争優位」の考え方と活用法を提言。ヤフージャパンや青島ビールほか急成長企業のケースを駆使して解説する。
君臨する企業の「6つの法則」
  • 書籍

君臨する企業の「6つの法則」

競争力と持続力を維持し、偉大な企業でありつづけるにはどうしたらいいのか? MITの著名教授で経営戦略論と製品開発論の世界的権威がアップル、グーグル、トヨタ、インテル等の事例から「6つの法則」を導き出す。
お金で失敗しない人たちの賢い習慣と考え方
  • 書籍

お金で失敗しない人たちの賢い習慣と考え方

お金の使い方や投資判断における誤りや落とし穴を、いち早く行動経済学の考え方を使って解き明かしたロングセラー。10年ぶりに大改訂。罠に陥らないための良い習慣、知恵の数々が自然と身につく優れた啓蒙書。
華麗なる交易
  • 書籍

華麗なる交易

交易はどのように文明を結びつけ、対立と摩擦を起こしてきたのか。金や銀や絹といった貴重品だけが取引されていた数千年前から、日用品までもが飛び交う現代に至る壮大な交易史を豊富なエピソードとともに紹介。
なぜGMは転落したのか
  • 書籍

なぜGMは転落したのか

これは日本企業にとって他人事ではない! 「世界一の自動車メーカー」GMが倒産の崖っぷちに追い込まれた姿を軸に、米国屈指の金融ジャーナリストが、経済のブラックホール=企業年金問題の実態を明らかにする。
最強企業が最強であり続けるための組織デザイン
  • 書籍

最強企業が最強であり続けるための組織デザイン

命令無視、部署間の連絡ミス、情報の不備、どうせダメだという雰囲気・・・・・・会社で起こる問題は、トップの能力だけでは解決できない。組織内部で伝承されてきた悪しき組織DNAを改善し、最強企業への道を駆け上がれ。
ハイエスト・ゴール
  • 書籍

ハイエスト・ゴール

いまビジネスで最も大切なのは、「クリエイティビティ(創造性)」だ! 心のなかに眠る創造性を目覚めさせ、最大限に発揮するための日々のマインド・トレーニング法を伝授する話題の全米ベストセラー。
なぜ資本主義は暴走するのか
  • 書籍

なぜ資本主義は暴走するのか

80年代以降、米国で繰り広げられた投資家(乗っ取り屋)と経営者との企業支配をめぐる攻防を、第1級の金融ジャーナリストが再現。いま日本が体験している敵対的買収などマネーゲームの本質を鮮やかに解き明かす。
お金を働かせる10の法則
  • 書籍

お金を働かせる10の法則

「下手に頭を使うな、お金を効率的に働かせろ」。プロ顔負けの実績を誇る金融学者、マルキール博士がやさしく教える「長期投資で成功する10の法則」。老後に惨めな思いを味わいたくなければ、今すぐ始めるべきだ!
ウォルマートの時代
  • 書籍

ウォルマートの時代

カリスマ創業者の亡き後に没落する企業が多い中、なぜウォルマートは成長を続けることができたのか? 世界最大の小売企業のビジネス哲学と、日本進出を含む世界戦略の実態に迫るビジネス・ノンフィクション。
人はなぜお金で失敗するのか
  • 書籍

人はなぜお金で失敗するのか

知らず知らずのうちお金で損してしまう人間の思考様式を、行動経済学を用いてジャーナリストと心理学者が説き明かす。投資やギャンブルなど様々なエピソードを紹介、お金の罠にはまらない心得が楽しく学べます。
賢いはずのあなたが、 なぜお金で失敗するのか
  • 書籍

賢いはずのあなたが、 なぜお金で失敗するのか

お金にはいろんな誘惑や落とし穴がつきまとう。ギャンブル、投資、買い物、宝くじ、ゲーム――。賢いひとほど、なぜか罠にはまりやすい。心の会計、自信過剰、群集心理など、ユーモアたっぷりに描くお金の心理学。

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。