日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 岡崎哲ニ (おかざきてつじ)

著者一覧

岡崎哲ニ (おかざきてつじ)

東京大学大学院経済学研究科教授。東京大学経済学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了、経済学博士。東京大学社会科学研究所助手、東京大学経済学部助教授を経て現職。この間、スタンフォード大学経済学部客員教授、フランス社会科学高等研究所客員教授などを歴任。
<主要著書・論文>
『日本の工業化と鉄鋼産業』(東京大学出版会、1993年)、『持株会社の歴史』(ちくま新書、1999年)、『経済史の教訓』(ダイヤモンド社、2002年)、『コアテキスト 経済史』(新世社、2005年)、『現代日本経済システムの源流』(奥野正寛と共編、日本経済新聞社、1993年)、『取引制度の経済史』(編、東京大学出版会、2001年)、『生産組織の経済史』(編、東京大学出版会、2005年)、“Measuring the Extent and Implications of Director Interlocking in Prewar Japanese Banking Industry,”(with Michiru Sawada and Kazuki Yokoyama) Journal of Economic History, 65(4), 1082-1115; “Supplier Networks and Aircraft Production in Wartime Japan,“Economic History Review, 64(3): 973-994, 2011;“Interbank Networks in Prewar Japan: Structure and Implications,”(with Michiru Sawada) Industrial and Corporate Change, April 2012: 463-506ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
エコノミストの戦後史
  • 書籍

エコノミストの戦後史

戦後日本の経済発展を彩ったエコノミストたち。彼らは危機をどのように認識し、提言したのか。高度成長、石油ショック、バブル崩壊など、日本経済を襲った大事件を手がかりに戦後経済史をオーラルヒストリーで振り返る。
日本企業の適応力
  • 書籍

日本企業の適応力

現代日本経済システムの源流
  • 書籍

現代日本経済システムの源流

日本型経済システムの原型は戦時期に形成された! 日本的労使関係、メインバンク制、系列、行政指導などの「日本型」システムの源流を比較制度分析の視点から解明した画期的研究。

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。