日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 大村敬一 (おおむらけいいち)

著者一覧

大村敬一 (おおむらけいいち)

早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授。 <主な著書>『通貨オプション取引』(共著、金融財政事情研究会、1986)、『株式オプション』(共著、金融財政事情研究会、1987)、『オプション 理論と応用』(東洋経済新報社、1988)、『アメリカの株式市場』(東洋経済新報社 1990)、『ゼミナール 日本の株式市場』(共著、東洋経済新報社 、1992)、『オプション 仕組みと実際』(共著、東洋経済新報社 1993)、『経済学とファイナンス』(共著、東洋経済新報社 、1995)、『株式市場のマイクロストラクチャー 』(共著、日本経済新聞社、1998、日経経済図書文化賞受賞)、『現代ファイナンス』(有斐閣、1999)、『証券投資理論入門』(共著、日本経済新聞社 、2000)、『日本企業のガバナンス改革』(共著、日本経済新聞社 、2003)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
金融再生 危機の本質
  • 書籍

金融再生 危機の本質

一見安泰に見える日本の金融。しかし、公的資金注入をはじめとする様々な金融再生の施策は脆弱きわまりないものであった! 不良債権処理の最前線にいた著者による、金融危機の経験を未来に生かすための本格的分析。
日本企業のガバナンス改革
  • 書籍

日本企業のガバナンス改革

経済再生のカギは規律ある企業経営の確立にある! 日本企業のガバナンスの現状と改革の方向を、経営、財務の両面からの大規模な調査で解明。新たなガバナンスの担い手、企業タイプ別の改革を提示する本格的分析。
証券投資理論入門
  • 書籍

証券投資理論入門

ポートフォリオの組み方、信用リスクの分析、デリバティブの評価――。顧客に適切なアドバイスをするには、証券投資理論の基礎知識が金融マンには欠かせない。証券投資理論の考え方をコンパクトかつ平易に解説。
株式市場のマイクロストラクチャー
  • 書籍

株式市場のマイクロストラクチャー

株式市場の取引システムのあり方が、株価形成に大きな影響を与える!最新のマイクロストラクチャー理論に基づいて、日本の株価形成のメカニズムを、日米比較を交えて多角的に解明する、本邦初の本格的実証分析。

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。