日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 浦田秀次郎 (うらたしゅうじろう)

著者一覧

浦田秀次郎 (うらたしゅうじろう)

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。慶應義塾大学経済学部卒業。スタンフォード大学Ph.D(経済学)取得。ブルッキングス研究所研究員、世界銀行エコノミストなどを経て、2005年より現職。東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)シニア・アドバイザー、日本経済研究センター特任研究員、経済産業研究所ファカルティ・フェローを兼務。専攻は国際経済学。
著書に『国際経済学入門〈第2版〉』(日本経済新聞出版社、2009年)、『新興国からの挑戦:揺らぐ世界経済システム』(共編著、日本経済新聞出版社、2011年)、『日本のTPP戦略:課題と展望』(共編著、文眞堂、2012年)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
米国の研究者が書いたTPPがよくわかる本
  • 書籍

米国の研究者が書いたTPPがよくわかる本

TPPで一体何がどう変わるのか? 米国の第一級の研究者が交渉参加国の担当大臣、交渉官、財界リーダーたちから入手した情報に基づき、重要ポイントを解説。専門家でもわかりにくい交渉の内情を明らかにする。
インドvs.中国
  • 書籍

インドvs.中国

インドは世界の市場となった中国に追いつくことは可能なのか? 中国にはないインドの強みとは? 日本はどうつきあうべきか? 両国経済を比較し、インドが経済大国になるための条件を解明するユニークな解説書。
新興国からの挑戦
  • 書籍

新興国からの挑戦

先進国中心の世界経済システムが揺らいでいる。世界経済の不安定化を背景に、WTO体制、資源問題などで新興国の発言力は増すばかりだ。日本を代表する経済学者がシステム再構築の方向性と日本の役割について解説。
インド 成長ビジネス地図
  • 書籍

インド 成長ビジネス地図

中国に続いて新たな世界の市場になろうとしているインド。牽引車であるIT産業、自動車産業から日用品ビジネスまで日本企業の有力な進出先、パートナーとなるインド企業の的確な情報を提供する成長ビジネス地図。
アジア太平洋巨大市場戦略
  • 書籍

アジア太平洋巨大市場戦略

APEC(アジア太平洋協力会議)が発足して今年で20年。米国と協調しつつ巨大市場を攻略し、存在感が高まる中国と互していくためには、APECの活用は日本の最重要課題だ。包括的な対外経済戦略を提示する。
国際経済学入門
  • 書籍

経済学入門シリーズ国際経済学入門

サービス貿易、FTA、EUの拡大、新興国の台頭などにより国際経済の枠組みは大きく変わろうとしている。国際貿易のベーシックテキストとして高く評価されているロングセラーを、新しい動きを踏まえて全面改訂。
フェアトレード
  • 書籍

フェアトレード

世界の貧しい国々を救う最良の策は、自由かつ公正な貿易により経済的に自立させること。ノーベル経済学賞を受賞した著者が、途上国を世界の貿易システムに無理なく参加させる新しい国際貿易の枠組みを提唱する。
アジアFTAの時代
  • 書籍

アジアFTAの時代

日本経済の好調維持にはアジアとのFTAは不可欠。貿易・投資、ヒト、情報の自由化が進んだ時、アジア経済はどう活性化し、日本の役割はどう変わるのか。マクロ経済からIT、ガバナンスまでエキスパートが論じる。
日本のFTA(自由貿易協定)戦略
  • 書籍

日本のFTA(自由貿易協定)戦略

経済活性化の切り札として注目されるFTA(自由貿易協定)が、2002年、シンガポールとの間で初めて発効。日本にとっての意義、今後考えられる2国間・多国間構想と効果など、FTAを様々な側面から検証する。

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。