日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 岩田規久男 (いわたきくお)

著者一覧

岩田規久男 (いわたきくお)

学習院大学経済学部教授。1942年生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学院修了。上智大学経済学部教授を経て、1998年より現職。 <主な著書>『昭和恐慌の研究』(編著、第47回日経・経済図書文化賞受賞)、『経済復興』、『デフレと超円高』、『ユーロ危機と超円高恐慌』ほか多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
日本経済再生 まずデフレをとめよ
  • 書籍

日本経済再生 まずデフレをとめよ

「三本の矢」の最大の要は次元の異なる金融緩和だ。具体的手段と効果、そして副作用脅威論の真偽を徹底解説。アベノミクスが本格化、インフレ目標導入など日銀の金融政策レジームチェンジに注目が集まるなか緊急改訂。
日本銀行 デフレの番人
  • 書籍

日本銀行 デフレの番人

この2月に導入された日銀のインフレ目標による「成果」は、皮肉にもこれまでの異常な日銀理論と政策の誤りを実証した。しかし、その後の政策は迷走している。日銀のデフレ脱却の本気度を検証し、「最適金融政策」を提言する。
ユーロ危機と超円高恐慌
  • 書籍

ユーロ危機と超円高恐慌

ギリシャから始まったユーロ危機が世界経済を激しく揺さぶる。このままでは、超円高に苦しむ日本経済が、取り返しのつかない恐慌を迎えてしまう。その前に出来ることは何か。豊富なデータから日本を救う道を提言する。
経済政策入門
  • 書籍

ゼミナール経済政策入門

企業の実力を導き出す競争政策から景気政策、所得政策まで、現実に即して経済政策の論理をバランスよく解説。デフレ、国営企業改革などのトピックスも盛り込み、日本経済のとらえ方もマスターできる決定版テキスト!
まずデフレをとめよ
  • 書籍

まずデフレをとめよ

日本経済が未曾有の危機に直面しているいまこそ、日銀はデフレ退治を徹底的にやるべきだ。気鋭の論者たちが総力を結集、インフレターゲティング導入やさらなる金融緩和といった大胆な政策転換を日銀に迫る。
スッキリ!日本経済入門
  • 書籍

スッキリ!日本経済入門

現代経済を利己主義の法則、タダ酒の法則、モラルハザードの法則、情報開示の法則など、15の法則を使って、スッキリと解説した本。不良債権、デフレ、郵貯、道路公団、公共事業など、関心の高い問題を集めた。
金融法廷
  • 書籍

金融法廷

日本の金融システムを破壊した真犯人は大蔵省だ! 住専問題、山一倒産などの金融事件を題材に、架空法廷で大蔵省の金融行政の失敗を告発し、その論理的矛盾を明らかにする知的経済エンターテインメントの傑作。新たに長銀・日債銀問題を加えた増補版。  解説・金森久雄
金融法廷
  • 書籍

金融法廷

日本の金融システムを破壊してしまった真犯人は大蔵省だ!住専問題、山一倒産など金融事件を題材に、架空法廷で、大蔵省の金融行政の失敗を告発し、その論理的矛盾を明らかにする知的経済エンターテインメント。
日経を読むための経済学の基礎知識【改訂3版】
  • 書籍

日経を読むための経済学の基礎知識【改訂3版】

金融政策の経済学
  • 書籍

金融政策の経済学

ミクロ経済学入門
  • 書籍

ゼミナールミクロ経済学入門

個人や企業の経済活動を分析するのがミクロ経済学。現実経済の仕組みを解説し、改善するという経済学の初心に立ち返り、様々な具体例を交えながら、徹底的に平易に解説。

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。