日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 岩田一政 (いわたかずまさ)

著者一覧

岩田一政 (いわたかずまさ)

日本経済研究センター代表理事・理事長。東京大学名誉教授。
1946年生まれ。70年東京大学教養学部卒業、経済企画庁入庁。西ドイツ世界経済研究所留学、OECD勤務(経済統計局金融財政政策課)、経済企画庁経済研究所主任研究官を経て、86年東京大学教養学部助教授に就任。同大教授を経て、2001年内閣府政策統括官。2003年より08年まで日本銀行副総裁。
2008年から09年まで経済財政諮問会議議員。内閣府経済社会総合研究所所長を経て、現職。
著書に『金融政策と銀行行動』(浜田宏一教授との共著、東洋経済新報社、1980年、第21回エコノミスト賞受賞)『国際経済学』(新世社、1990年)『現代金融論』(日本評論社、1992年)『マクロ経済と金融システム』(共編、東京大学出版会、2000年)『デフレとの闘い』(日本経済新聞出版社、2010年)『量的・質的金融緩和』(編著、同、2014年)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
マイナス金利政策 
  • 書籍

マイナス金利政策 

「史上最強の金融政策」として打ち出されたマイナス金利政策。そのメカニズム、効果と問題点を理論・実証両面から徹底分析する。
人口回復
  • 書籍

人口回復

人口回復は日本経済を再生させ、再び軌道に乗せる起爆剤。その具体策を示すのが本書。日本が2050年も経済一流国でありつづけるために打破すべき4つの壁の壊し方を、精緻なシミュレーションにもとづいて提言。
量的・質的金融緩和
  • 書籍

量的・質的金融緩和

アベノミクス第一の矢は日本経済の復活にどれほどの効果をもたらすか? 大胆な“異次元緩和”の効果とリスクをデータから丹念に分析し、今後を展望。英フィナンシャル・タイムズ紙もこの分析結果に注目した話題作。
新興国からの挑戦
  • 書籍

新興国からの挑戦

先進国中心の世界経済システムが揺らいでいる。世界経済の不安定化を背景に、WTO体制、資源問題などで新興国の発言力は増すばかりだ。日本を代表する経済学者がシステム再構築の方向性と日本の役割について解説。
デフレとの闘い
  • 書籍

デフレとの闘い

金融政策現場の舵取り役として日銀副総裁を5年務め、デフレと不良債権問題という「双頭の竜」退治に取り組んだ著者の奮戦録。国際会議での臨場感あふれる議論や多彩な登場人物との交流なども織り交ぜエッセイ風に綴る。
日本の通商政策とWTO
  • 書籍

日本の通商政策とWTO

新たな貿易自由化交渉(ラウンド)を進めるWTO。新ラウンドは日本経済の規制緩和を求め、ビジネスチャンスを左右しかねない。WTOの問題点と貿易自由化の影響を明らかにし、日本のとるべき通商政策を提言する。
財政投融資の経済分析
  • 書籍

財政投融資の経済分析

「第2の予算」といわれる財政投融資は、開示が不十分なまま膨張を続けてきた。公共事業見直し、郵貯問題などとの関連で、注目を集める財投の全貌と、その経済的意味、内在する諸問題を、第一級の経済学者たちが明らかにする。

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。