日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 井堀利宏 (いほりとしひろ)

著者一覧

井堀利宏 (いほりとしひろ)

東京大学大学院経済学研究科教授。1952年生まれ。1974年東京大学経済学部卒業。ジョンズ・ホプキンス大学大学院でPh.D.取得。東京都立大学、大阪大学を経て、1996年より現職。 <主な著書>『演習 財政学』(新世社、1995)、『公共経済の理論』(有斐閣、1996)、『財政赤字の正しい考え方』(東洋経済新報社、2000)、『財政 第2版』(岩波書店、2001)、『財政再建は先送りできない』(岩波書店、2001)、『経済政策』(新世社、2003)、『要説 日本の財政・税制[改訂版]』(税務経理協会、2003)、『課税の経済理論』(岩波書店、2003)、ゼミナール公共経済学入門』(日本経済新聞社、2005)ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
「歳出の無駄」の研究
  • 書籍

「歳出の無駄」の研究

税制改革というと「まず無駄をなくせ」の大合唱が巻き起こる。だが、本当になくせる無駄はどれだけあるのか。無駄の削減のみを最優先することの愚かさを説き、増税なき財政再建は不可能なことを立証する。
「小さな政府」の落とし穴
  • 書籍

「小さな政府」の落とし穴

増税なしでは不可能だ!――歳出削減と成長促進による財政再建戦略は、小さな政府を隠れ蓑にした負担の先送りにすぎない。増大する社会保障需要の下、財政健全化と最適政府規模実現へのシナリオを示す。
公共経済学入門
  • 書籍

ゼミナール公共経済学入門

税金や社会保障、公共工事から様々な規制まで、政府の幅広い活動を、「効率性」「費用と便益」といった経済学的な目からとらえ直す公共経済学の決定版テキスト。現代日本の問題と経済学の理論をバランスよく解説。

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。