日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 伊藤元重 (いとうもとしげ)

著者一覧

伊藤元重 (いとうもとしげ)

東京大学大学院経済学研究科教授。1951年生まれ。東京大学経済学部卒業。ロチェスター大学Ph.D。専門は国際経済学。ビジネスの現場を取材し、生きた経済を理論的な観点から、鋭く解き明かす。政府の経済財政諮問会議民間議員などを兼務。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」コメンテーターとしても活躍。主な著書に『ゼミナール国際経済入門』『はじめての経済学(上・下)』『ビジネス・エコノミクス』『入門経済学』『マクロ経済学』『ミクロ経済学』など多数。近著に『伊藤元重が語るTPPの真実』がある。


※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
きもの文化と日本
  • 書籍

きもの文化と日本

歴史、経済、ファッションなど、さまざまな視点から「きもの」を語り尽くす、誰もが読んだことのない対談集です。
吉野家で経済入門
  • 書籍

吉野家で経済入門

そこまで話していいんですか⁉︎ 食材の秘密、メニュー開発の秘話など、吉野家の話を楽しく聞いて、経済の仕組みが学べる異色の対談本。
伊藤元重が語るTPPの真実
  • 書籍

伊藤元重が語るTPPの真実

ついに合意されたTPP。その意義、交渉経緯、内容、日本と世界への影響を新しい貿易理論を紹介しつつ国際経済学の第一人者が解説。
経済を見る3つの目
  • 書籍

経済を見る3つの目

経済を理解するには、鳥の目(マクロ)、虫の目(ミクロ)、魚の目(転換期の察知)の3つが必要。その身につけ方を経済を読み解く達人、伊藤元重教授がやさしく解説。経済に近づきたいビジネスパーソン必読の書。
現代経済入門
  • 書籍

ゼミナール現代経済入門

劇的に変わりつつある世界の経済をどのように見たらいいのか。どうすれば日本は活力を取り戻すことができるのか――。リーマン・ショック後の「生の経済」を材料に、経済学の視点から現代経済を見る目をやさしくゼミナール!
リーディングス 格差を考える
  • 書籍

リーディングス 格差を考える

格差は本当に拡大しているのか? 日本だけの問題なのか? 感覚的議論がまかり通る中で、データに基づく冷静かつ平易な第一人者による格差論文を集大成。21世紀日本の最大の論点を整理するのに最適なガイドブック。
大逆転の経営
  • 書籍

大逆転の経営

プロジェクト失敗、顧客離れ、業界全体の低迷――企業はさまざまな「戦略リスク」にさらされている。これらのリスクを察知し、マネジメントする7つの手法を、アップル、トヨタ、コーチ他の実例をもとに解説する。
日本の空を問う
  • 書籍

日本の空を問う

グローバル競争にさらされ危機に見舞われている日本の航空業。アジアのゲートウエイに日本がなり、繁栄を持続させるためには再生が不可欠だ! 再編に直面した米国などの経験をふまえ、具体的に処方箋を提示する。
伊藤元重のマーケティング・エコノミクス
  • 書籍

伊藤元重のマーケティング・エコノミクス

消費者の心をつかむためには、時間と効率性という経済学の視点が不可欠! 最先端の事例とわかりやすい解説でマーケティングの思考法を解き明かす、日経MJ好評連載「伊藤元重のマーケティング講座」を単行本化。
伊藤元重の経済がわかる研究室
  • 書籍

伊藤元重の経済がわかる研究室

原油高、FTA――。日本経済の明日はどうなる? 複雑な経済事象を明快に解き明かす伊藤教授が「経済の大変化」を象徴するトピックスを取り上げ、やさしく解説する。論点が理解でき、「次なる一手」が読める1冊。
国際経済入門
  • 書籍

ゼミナール国際経済入門

大好評のロングセラーを大改訂。前回の改訂後に起こった国際経済の主要な出来事や制度・法律の変化、理論の深化を完全フォロー。データ、コラムも大幅に刷新し、面白さ・分かりやすさをさらにアップした。
はじめての経済学[下]
  • 書籍

はじめての経済学[下]

経済学の対象は、公共部門の運営、貿易問題から企業経営まで幅広い。経済学の基本さえマスターしていれば、日頃何気なく読んでいる新聞記事も、何が問題なのかが見えてくる。現実を見る目が磨かれる入門書の決定版。
はじめての経済学[上]
  • 書籍

はじめての経済学[上]

経済学が難しいと思っている人が多いとしたら、それは出合いが不幸だったせいではないだろうか? 本書は、数式は一切使わず、縦書きで、これだけは知ってもらいたい経済学のエッセンスを厳選し、やさしく解説する。
ビジネス・エコノミクス
  • 書籍

ビジネス・エコノミクス

新聞やビジネスの現場で耳にする「生きた素材」を経済学で解剖する、待望のテキストが登場! 価格・市場などの基本から、ゲーム論やエージェンシー理論など最先端の経済学までを、実際のケースを使って解説する。
経済学的に考える。
  • 書籍

経済学的に考える。

経済学は専門家のものじゃない!うまく使えば、現実の複雑な問題の数々を、誰もが明快に整理できる。わかりやすい解説で定評の東大・伊藤教授が、デフレから構造改革までを、ウィットに富んだ筆致で解説する。
伊藤元重の日本経済がわかるキーワード 2003―04
  • 書籍

伊藤元重の日本経済がわかるキーワード 2003―04

キーワード形式で参照しやすい、問題の本質が詳しくわかる! と評判の1冊が、もっと分かりやすくなって再登場。「デフレ」「産業再生」など、最新事象を足がかりに、日本経済の大きな枠組み、流れを徹底解説。
伊藤元重の日本経済がわかるキーワード
  • 書籍

伊藤元重の日本経済がわかるキーワード

わかりやすさで定評のある伊藤教授が、日本経済の現在を探る最重要キーワードを選りすぐり解説。ただの用語集に終わらず、問題の背景や経済の仕組みまで理解できる。読み通せば、あなたも経済通になれる!
吉野家の経済学
  • 書籍

吉野家の経済学

牛丼1杯から経済の真理が見える! 並盛280円の牛丼は経営ノウハウを山のようにつぎ込んだ驚くべき成果――。話題の経営者と第一級の経済学者が牛丼の謎を解き明かす、楽しくて、ちょっと真面目な異色対談!
デジタルな経済
  • 書籍

デジタルな経済

「ITは消費者の味方」「IT経済で大事なことはITではできないことを考えること」――――わかりやすい語り口調による経済解説で定評のある著者が、デジタル技術によってビジネスや経済や社会の仕組みがどのように変わりつつあるのか、デジタル経済はこれまでの経済とどこがどのように違うのかを具体的な企業の事例をもとに明快に解説します。
市場主義
  • 書籍

市場主義

キーワードは「市場主義」――マーケット・メカニズムを大胆に取り入れた経済再生策を提示。個人や企業の意思決定から、アジア・アメリカの産業・経済動向まで、豊富な事例を駆使して、規制改革と市場メカニズム導入の意義を明快に展開した、定評ある解説書。

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。