日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 伊藤隆敏 (いとうたかとし)

著者一覧

伊藤隆敏 (いとうたかとし)

政策研究大学院大学教授、コロンビア大学教授
1950年生まれ。73年一橋大学経済学部卒業、79年ハーバード大学経済学博士(Ph.D取得)、同年ミネソタ大学経済学部助教授、86年同准教授(テニュア付き)、88年一橋大学助教授、91年同教授、2002〜13年東京大学教授。

〈公職等〉
1994-97年 lMF調査局上級審議役
1999-2001年 大蔵省副財務官(大臣官房参事官)
2005-現在 関税・外国為替等審議会委員(2013-現在、会長)
2006-08年 経済財政諮問会議民間議員
2011年 紫綬褒章受章

〈主な著書〉
『不均衡の経済分析』(日経経済図書文化賞受賞、東洋経済新報社、1985年)
『The Japanese Economy』 (MIT Press. 1991年)
『消費者重視の経済学』(日本経済新聞社、1992年)
『The Political Economy of Japanese Monetary Policy』 (T. F. Cargill and
M. M. Hutchisonとの共著、MIT Press、1997年)
『インフレ目標と金融政策』(林伴子との共著、東洋経済新報社、2006年)
『インフレ目標政策』(日本経済新聞出版社、2013年)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
日本財政「最後の選択」
  • 書籍

日本財政「最後の選択」

アベノミクス第二の矢「積極的財政出動」はいつどのように進めれば日本経済復活への後押しが可能か。借金体質からの脱却は成功するか? 日本経済論の第一人者がマクロの視点全体から財政政策効果を俯瞰・展望する。
インフレ目標政策
  • 書籍

インフレ目標政策

安倍政権がデフレ脱却に向けて強力に推し進めようとしているインフレ目標政策とはどのような内容なのか? これで本当にデフレを克服できるのか? この政策に通じた第一人者が要旨を簡潔に解説する決定版!
日本経済の活性化 市場の役割・政府の役割
  • 書籍

日本経済の活性化 市場の役割・政府の役割

やり方しだいで、まだまだ日本は成長できる。国内を代表する経済学者らが、農業、林業、雇用、金融、財政、社会保障について、何が成長機会を阻んでいるのか、市場と政府がどんな役割を担うべきかを明らかにする。
ポスト平成不況の日本経済
  • 書籍

ポスト平成不況の日本経済

長期停滞からようやく脱したかにみえる日本経済は、今後順調に回復できるのか。本書は日米16名の著名な研究者がこれまで取り上げられなかった未解決のミクロ問題を中心に徹底討議を加える、実力診断の決定版。
教育改革の経済学
  • 書籍

教育改革の経済学

ゆとり教育、学力低下、国立大学の独法化、専門職大学院構想など、教育を巡る議論がいま熱い。本書は教育が個人の就業行動、キャリア形成、法曹・医療などの分野でどう影響するか、その経済効果を検証する注目の書。
国際経済学入門(II)
  • 書籍

国際経済学入門(II)

現代の経済を理解するにあたって、国を超えたマネーの動きをどう捉えるかがポイントとなる。本書は、貿易赤字の考え方から為替レートの決定、金融危機発生のメカニズムまで、国際金融理論を体系的に解説した決定版。
国際経済学入門(I)
  • 書籍

国際経済学入門(I)

貿易摩擦からWTOの役割まで、経済のグローバル化の中で、国際経済学の考え方を理解することがますます重要になっている。本書は、難解とされてきた国際貿易の理論をステップを追って体系的にわかりやすく解説。
インフレ・ターゲティング
  • 書籍

インフレ・ターゲティング

デフレ危機を脱却、日本経済を再び安定成長の軌道に乗せるにはインフレ・ターゲティング導入が必須だ。平明な語り口で理論・政策の両面からその意義を明らかにし、日銀守旧派など反対論者の主張を論破する緊急出版。
経済政策を売り歩く人々
  • 書籍

経済政策を売り歩く人々

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。