日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 池上直己 (いけがみなおき)

著者一覧

池上直己 (いけがみなおき)

聖路加国際大学公衆衛生大学院特任教授、慶應義塾大学名誉教授。
1949年東京都に生まれる。1975年慶應義塾大学医学部卒業。1981年医学博士。慶應義塾大学総合政策学部教授、ペンシルベニア大学訪問教授、慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授を経て現職。医療・病院管理学会理事長、医療経済学会会長、及び中医協の調査専門組織委員や終末期医療に関する意識調査等検討会委員などを歴任。

〈主な著書〉『日本の医療――統制とバランス感覚』(J.C.キャンベルと共著、中公新書、1996)、『臨床のためのQOL評価ハンドブック』(福原俊一他と編著、医学書院、2001)、『インターライ方式ケアアセスメント』(J.モリス他と編著、医学書院、2011)、『包括的で持続的な発展のためのユニバーサル・ヘルス・カバレッジ:日本からの教訓』(編著、世界銀行、2014)、『医療・介護問題を読み解く』(日経文庫、2014)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
日本の医療と介護
  • 書籍

日本の医療と介護

日本の医療制度や病院経営、医療・介護に精通した第一人者が、歴史的経緯や構造から問題の真因を探り、持続性のある改革を提言。
医療・介護問題を読み解く
  • 書籍

医療・介護問題を読み解く

ロングセラー『ベーシック医療問題』を改題した最新版。日本の医療制度の仕組み、医療費や薬価の決まり方や問題点を第一人者が解説。「医療崩壊」の誤解や、介護と医療の効率的な連携のあり方など今後の課題を探る。
医療問題
  • 書籍

ベーシック医療問題

医療保険制度の仕組みから、医師・医療機関の体制、介護保険まで、わかりやすく解説。医療事故、産科・小児科医の減少、救急医療体制の不備、自治体病院の苦境といった「医療崩壊」報道の虚実と真の問題点を指摘。

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。