日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 邑井操 (むらいみさお)

著者一覧

邑井操 (むらいみさお)

明治45年(1912)、東京・神田生まれ。本名川村義太郎。日大中退。2度応召して、シベリアに抑留され、昭和22年(1947)に帰国。人物評論家として企業組織内の生き方を中心に講演、執筆に活躍。 <主な著書>『伸びる男はどこが違うか』、『説得力101の法則』、『男の値打ちは何で決まるか』、『この人の心をつかむ』など、著書63冊を数える。平成8年(1996)没。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
われに明治の父ありき
  • 書籍

われに明治の父ありき

「偉くなれ」とは一度も言わなかった父。「喧嘩は負けるな。でもやっつけ放しにもするな」と言った父。5歳の息子と吉原から朝帰りした父――江戸っ子の父を回想した名エッセイに、戦中の往復書簡を付した感動の書。

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。