日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > おおたとしまさ (おおたとしまさ)

著者一覧

おおたとしまさ (おおたとしまさ)

育児・教育ジャーナリスト。1973年東京生まれ。麻布中学・高校卒業。東京外国語大学中退。上智大学卒業。リクルートで雑誌編集に携わる。2005年独立後、数々の育児・教育誌のデスクや監修を歴任。中高の教員免許、私立小学校での教員経験、心理カウンセラーの資格もある。
主な著書に『男子校という選択』『女子校という選択』『中学受験という選択』(いずれも日経プレミアシリーズ)など著書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
大学付属校という選択
  • 書籍

大学付属校という選択

いま注目の教育ジャーナリストが一環教育・教養教育で人気の大学付属校を徹底取材。関西の付属校にも触れました。
進学塾という選択
  • 書籍

進学塾という選択

東大理傾膤兵圓量麋梢瑤脇韻現里世辰拭―「名門」とされる進学校は数多いが、学力上位者が通う進学塾は、実は限られている。学校には果たせない塾の役割や名門校生御用達塾の実態、地方別有力塾などを紹介する。
アラフォー男子の憂鬱
  • 書籍

アラフォー男子の憂鬱

ガンダムブーム、過酷な受験戦争、就職氷河期と金融危機、ウィンドウズ95とインターネットの登場……政治経済から文化・風俗に至るまで幅広い「共通体験」をもとに、アラフォーの人気論者が同世代の「これまで」と「これから」を描き出す。
女子校という選択
  • 書籍

女子校という選択

社会で活躍する女性を数多く輩出し続ける女子校。「箱入りのお嬢様だらけ」「彼氏ができない?」など、様々なイメージも先行するが、その実態とは。現役教師、著名出身者などへの幅広い取材を元に解き明かす。
中学受験という選択
  • 書籍

中学受験という選択

一生に一度の機会、あなたの子どもはどうしますか?――公立中高一貫校の増加で様変わりする受験業界。子どもへの影響は? 一貫校の実態は? 塾・学校の選び方は? 中学受験の今が丸ごとわかる必読書。
男子校という選択
  • 書籍

男子校という選択

「東大合格トップ10の8校は男子校」「ガリ勉は疎まれ、遊んでばかりいるのも格好悪い?」「男子校の出身者はカノジョができない!?」─―。共学化が進む中、中高の思春期を「男」だけで過ごす、その利点とは何か?

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。