日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 赤瀬川原平 (あかせがわげんぺい)

著者一覧

赤瀬川原平 (あかせがわげんぺい)

1937年神奈川県に生まれる。武蔵野美術学校中退。ネオ・ダダ運動、読売アンデパンダンなどにおいて、現代美術の先駆的活動を精力的に行うかたわら、尾辻克彦のペンネームで小説を執筆、中央公論新人賞、芥川賞(「父が消えた」)受賞。路上観察学会会員、ライカ同盟会員。「超芸術トマソン」「老人力」(98年流行語大賞)など新コンセプトを次々と提唱。美術家、作家。 <主な著書>『外骨という人がいた!』(筑摩書房、1986年)、『「新解」さんの謎』(文芸春秋、1997年)、『老人力』(筑摩書房、1998年)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
奥の横道
  • 書籍

奥の横道

旅好き、カメラ好き、のぞき見好き。旺盛な好奇心と野次馬精神であちこち歩き回り、目ざとくオブジェを見つけては写真に撮り、印象を綴っていくうちに、はい、新しい「赤瀬川美術館」、見るエッセイ集の出来上がり。

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。