日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 安藤優一郎 (あんどうゆういちろう)

著者一覧

安藤優一郎 (あんどうゆういちろう)

歴史家。文学博士(早稲田大学)。1965年、千葉県生まれ。早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業、早稲田大学文学研究科博士後期過程満期退学。江戸をテーマとする執筆・講演活動を展開。JR東日本大人の休日・ジパング倶楽部「趣味の会」、東京理科大学生涯学習センター、NHK文化センターなど生涯学習講座の講師を務める。
<主な著書>『徳川慶喜と渋沢栄一』『勝海舟と福澤諭吉』『幕末維新 消された歴史』『不屈の人 黒田官兵衛』『世田谷代官が見た幕末の江戸』『山本覚馬』『新島八重の維新』『龍馬を継いだ男 岩崎弥太郎』『大名屋敷の謎』『幕臣たちの明治維新』『江戸城・大奥の秘密』など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
西郷隆盛伝説の虚実
  • 書籍

西郷隆盛伝説の虚実

傑出したリーダーシップが、いまも待望される理由とは?幕末維新最大の功臣にして、日本史上最大で最後の内戦で散った明治の賊臣。もの言わぬ英傑ゆえに数々の伝説が生まれ、近代日本をつくった名も無き人たちが生きたもうひとつの歴史が消えてしまった……。
徳川慶喜と渋沢栄一
  • 書籍

徳川慶喜と渋沢栄一

ご一新による明治日本の急速な近代化は「最後の将軍」が身を慎んだことにより成し遂げられたのではないか。日本資本主義の父は最後の将軍を死ぬまで支え続けた「最後の幕臣」。逆説に富むスリリングな幕末維新史。
勝海舟と福沢諭吉
  • 書籍

勝海舟と福沢諭吉

『幕末維新 消された歴史』で注目された著者の最新作。慶應義塾創立者として日本近代化の旗手のイメージが強い福沢と江戸っ子の代表格として人気の高い勝。この二人の“神話”を剥ぎ、幕末維新に新たな光を当てる。幕臣・諭吉は意外にも幕府絶対論者だった!
幕末維新 消された歴史
  • 書籍

幕末維新 消された歴史

西郷・大久保・木戸を戴く薩摩・長州による倒幕・維新――この正史を幕臣や江戸っ子が残した資料から見ていくと「維新とは政変ではなく当時の日本が迫られたリストラ」だった? 目からウロコの幕末維新試論!

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。