日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >     >   消費生活用製品安全法(消安法)早わかり 

試聴(約5分)

消費生活用製品安全法(消安法)早わかり 〈全2巻〉

  • ショッピングカートに入れる
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

おすすめポイント

製品事故発生! その時、あなた(あなたの会社)は何をしなければならないのか!? PL法と両輪の関係といえる消安法の仕組みと概要を知識・意識・行動といった面から理解することは、これからのビジネス人にとって不可欠だ。同法が求める1,PSCマーク制度 2,長期使用製品安全点検制度 3,重大製品事故報告・公表制度を中心に企業対応の実際を解説する。消安法に関する知識を従業員に落とし込む教材の決定版!

■PL法と混同されがちな消安法。この2つの法律の違いを簡潔に解説しました。
■消安法は製造業だけを対象とした法律ではありません。輸入事業者、販売事業者、関連事業者など、「消費生活用製品」に関わるさまざまな業種が対象になる法律です。各事業者の役割や責任などについても明確に解説しました。
■製品事故を起こした製品に関する顧客情報を持っているのは販売事業者であることは少なくありません。顧客情報(個人情報)に関して、どのようにとらえればよいかがわかります。
■消安法は、消費者保護のための法律です。消安法の遵守に向けた従業員研修は、CSR、リスクマネジメント、コンプライアンスの観点からも欠かせません。本ビデオは、幅広い従業員層(非正規社員を含む)への、基本的な問題点の理解と気づきを促すために有効な視聴覚教材です。

商品の説明

消費生活用製品の製造、輸入、販売、修理・設置に関わる事業者・団体の全職員

製品安全トラブルと企業対応のまずさが、ここ数年、メディアをにぎわせ続けている。
製品安全に関する問題は、企業の存在意義に関わる生命線。製品の安全性に対する予防措置、トラブルの発生時の対応は、企業の存続を左右する問題に発展しかねない。
こうした中、消費生活用製品安全法(消安法)が大幅改正された。消安法は今や、消費者向けの製品に関わる製造・輸入事業者はもとより、販売事業者や関連事業者にとっても、知らなかったでは許されない法律になっている。
このビデオは、「消安法とはどのような法律なのか?」「企業はどう対応しなければならいのか?」「個人情報の取り扱いは?」「CSR時代を生き残る企業として消費者保護をどうとらえればいいのか?」といったポイントを軸に、消安法を具体的に解説する。

目次

第1巻 消安法とは何か【基礎知識編】
■プロローグ
■消安法の目的と3つの柱
■消費生活用製品とは
■PSCマークとは
■製品安全に関する諸制度
■PL法との関係
■製品事故と重大製品事故
■エピローグ

第2巻 事故発生!どう行動すべきか【実践知識編】
■プロローグ
■重大製品事故報告・公表制度とは
■危害防止命令と体制整備命令
■消安法の罰則
■長期使用製品安全点検制度とは
■消安法における個人情報の取り扱い
■エピローグ

商品仕様

発売日 2008年08月発売
付録 テキスト無し DVDのみ特典映像

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。