日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >     >   1万円から始めるETF投資 

1万円から始めるETF投資

  • ショッピングカートに入れる
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

おすすめポイント

 投資を始めるなら、まずETF(上場投資信託)から!
 「日経平均株価を買える」というわかりやすさがあり、少ない資金で
始められるETFは初心者に最適です。

 本書は、ETFのしくみ、タイプ別の商品の紹介といった基本から、
商品の選び方、勝つためのテクニックまで実践的に解説する入門書。
 証券会社の口座の開設方法や税金についても取り上げます。


<ETFのいいところ>

■少ない金額で買える
 最低購入金額が安いものが多く、ほとんどの銘柄を10万円以下で買うこと
ができます。

■わかりやすい
 ETFは指数に連動した運用の効果が期待できるため、日経平均株価など
テレビのニュースで毎日報じられるものを買えるというわかりやすさがあり
ます。

■手間がかからない
 PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などの専門的な指標を
分析する必要がありません。また、銘柄数も個別企業の上場株式の25分の1
程度しかなく、株式と比較して銘柄選びの労力が少なくてすみます。

■手数料が安い
 ETFは投資信託の一種ですが、証券取引所に上場しているため株式と同じ
ように売買でき、投資信託に比べて売買手数料などが低く抑えられています。

■世界中のさまざまな資産に分散投資できる
 国内の株価指数だけではなく、NYダウなど外国の株価指数や外国の債券指数
のほか、金などの商品価格指数もあり、世界中の幅広い資産に投資することが
できます。

■NISA(少額投資非課税制度)向き
 10万円以下の少額で投資できる銘柄が多いため、1年につき元手100万円まで
という制限があるNISAに向いている商品です。

商品の説明

投資を始めるなら、まずETF(上場投資信託)を買おう!「日経平均株価を買える」というわかりやすさがあり、少ない資金で始められるETFは初心者に最適。証券会社の口座の開き方といった初歩から解説する。

目次

序章  ETFで投資を始めよう!
・ETFが株式よりもいいところ
・銀行預金だけでは資産が目減りしてしまう
・家計を襲う値上げラッシュに備える

第1章 ETFはどれだけ得なのか
・そもそもETFはもうかるのか
・ETFの利益は2種類
・ETFと投資信託、株式の違い
・リスクを避ける知恵
・株式のような破綻のリスクはゼロ

第2章 どうやってETFを買えばいいのか
・まずは証券会社に口座を開設する
・大手証券とネット証券、どちらがいい?
・買う価格を指定するか、時価で買うか
・買い指し値注文、売りは成行注文
・ETFを実際に売買してみよう

第3章 ETFにはどんな種類があるのか
・ETFをタイプ別に分類する
・ETFに似たETNという商品もある

第4章 買っていいETF、買ってはいけないETF
・選ぶポイントは売買高と売買単位
・こんなETFを買ってはいけない
・チャートを使って価格の動きを見る
・売買タイミング、価格転換点の探り方

第5章 成功するための情報の集め方
・投資スタイルに合った情報収集術を使う
・日本経済新聞は投資に必須の情報源
・東京証券取引所のサイトは基本データが充実
・運用会社のHPで情報を取る

第6章 勝つためのテクニック
・いつの時代も長期分散投資を心がける
・ETFで長期分散投資をするポイント
・ほかの金融商品との最適な組み合わせ方
・積立投資の代わりにリレー投資を活用
・高くて買えない個別株の代わりにする
・信用取引を利用すれば投資効率アップ
・国内ETFにはない指数を海外ETFで補う

第7章 税金はどれくらいかかるのか
・分配金、売却益には税金がかかる
・取引口座によって変わる税金の支払い方
・損失は翌年以降に繰り越せる
・買うときも売るときも分割売りを活用
・NISA口座でETFに投資する

商品仕様

書籍 四六判 並製 208 ページ
ISBN-13 978-4-532-35578-4
発売日 2013年09月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。