日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >     >   個人情報保護法 ここがポイント! 

個人情報保護法 ここがポイント!
―あなたの仕事の流れで理解する―

  • ショッピングカートに入れる
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

個人情報保護法施行に当たり、企業が個人情報を円滑に利用していくための要点に的を絞り、分かりやすく簡潔に明示すると共に、具体的対応例をQ&A方式で数多く盛り込み、マネジャークラスの「お役立ち本」にする。

目次

はじめに

第1章 個人情報保護法の基本はこれだ
 1 個人情報保護法の目的と考え方
 2 知っておきたい海外の個人情報保護の制度

第2章 個人情報を取得・利用する
 1 「個人情報」とは個人を識別できる情報です
 2 利用目的を特定しましょう
 3 利用目的を通知しましょう
 4 利用目的の「公表」をもって通知に代えることができます
 5 通知も公表も不要な場合があります  他

第3章 個人データを第三者に提供する
 1 個人情報を体系的に整理したものが「個人データ」です
 2 個人データの第三者提供には本人の同意が必要です
 3 「一定の合理性」があれば本人の同意は不要です
 4 個人の権利利益を侵害するおそれが低い場合も同意不要です
 5 オプトアウトの条件付きなら同意不要です

第4章 個人データを管理する
 1 個人データの正確性に配慮しましょう
 2 安全管理は情報流出によるリスクを考えても重要です
 3 組織的安全管理の体制を整えましょう
 4 人的安全管理の監督措置を講じましょう
 5 物理的安全管理で盗難・破壊を防ぎましょう  他

第5章 保有個人データの開示などに応じる
 1 「保有個人データ」とは――事業者が開示などの権限を持つ個人データです
 2 保有個人データの利用目的などを公表しておく必要があります
 3 保有個人データは本人から求められば開示が必要です
 4 本人から求められれば訂正・追加・削除が必要です
 5 本人から利用停止・消去・第三者提供停止を求められたら、義務規定に違反している場合のみ応じます  他

第6章 柔軟な仕組みの個人情報保護法(まとめとして)

付録

商品仕様

書籍 A5判 並製 212 ページ
ISBN-13 978-4-532-31202-2
発売日 2005年03月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。