日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   儲けるための会計 

実学入門 儲けるための会計
―強い経営をつくる管理会計入門―

  • 田中靖浩  
  • 2004年04月発売
  • 定価 本体1,600円 +税
    • 品切・重版未定
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

経営判断を誤れば、会社は当然ピンチに陥る。儲けどころを見きわめ、利益の出る決断を下すためには、「数字に強くなる」ことが欠かせない。本書は、いつ・どこで稼ぐかを見きわめる、管理会計の基礎を解説する。

目次

第1章 美味い味と上手い経営の大きな違い
 1 消えたスターバックス
 2 システム投資の前に人間への投資を

第2章 さあ皆さん、二重帳簿をつくりましょう
 1 ここが決算書の限界
 2 自分のための決算書をつくろう

第3章 将来の予測が経営者の仕事
 1 未来を数値化する先見性
 2 売上とコストの法則性をつかむ

第4章 売上が減ると利益はどうなる?
 1 JALとジャストシステムの意外な共通点
 2 管理会計への出発

第5章 ブランドと安売りの儲けを考える
 1 ブランド戦略と低価格戦略を比べてみよう
 2 低価格戦略の成功はこんなに難しい
 3 受け身の値下げから攻めの値上げへ

第6章 値下げ戦略を成功させる法則
 1 「売上−コスト=利益」の落とし穴
 2 なぜか波瀾万丈の吉野家
 3 さまざまな価格戦略の成功と失敗

第7章 儲けと計数感覚の分岐点
 1 損益分岐点を知らずして商売はできない
 2 科学的にコスト構造を改革する

第8章 従業員の幸せに貢献する利益
 1 値下げ戦争の乗り切り方
 2 選択と集中をどう行うか?

第9章 ゲームで儲ける側の論理、ゲームで遊ぶ側の論理
 1 固定費はどうして悪玉扱いされるのか
 2 固定費に苦しむゲーム業界
 3 サービス業にみる価格設定の難しさ
 4 アミューズメント業界誕生の年に

第10章 未来への読みと決断
 1 未来を決める投資の判断
 2 投資とリターンの両方から判断する
 3 どうしてヤンキースは松井に25億円を払ったか
 4 時間の価値を考える

商品仕様

書籍 A5判 上製 224 ページ
ISBN-13 978-4-532-31065-3
発売日 2004年04月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。