日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   公方様のお通り抜け 

公方様のお通り抜け

  • ショッピングカートに入れる
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

おすすめポイント

【第7回日経小説大賞受賞!】
2015年の第7回日経小説大賞には江戸中期の尾張徳川家・戸山下屋敷にあった名庭を作った男たちの物語が選ばれた。辻原登、蘯のぶ子、伊集院静の選考委員3氏に評価されたのは、その落語のような上品なユーモアに富んだ語り口。人を楽しませる趣向を凝らす人たちの物語を、滑るような筆運びで愉快に描き、決して史実から逸脱することなく、ハッピーエンドで終わらせた筆力が高く評価された。おかしみと軽みで一気に読ませる、日経小説大賞では過去になかったタイプの作品。

では、どういう物語かというと、

寛政4年(1792年)夏――
日本橋から二里ほど西にある戸塚村に住む外村甚平は、村の南にある尾張徳川家の戸山下屋敷に御用聞きとして出入りし、村人を送り込んでは庭の手入れをさせている大百姓。甚平はある日、屋敷奉行から将軍・徳川家斉が屋敷に御成になる予定だと知らされる。屋敷は敷地面積13万坪のうち九割が庭園。荒廃しているが、巨大な池があり、江戸一番の高さを誇る山があり、神社仏閣もある。将軍はこの庭を通り抜けるという。100年ぶりの御成まで半年、甚平は屋敷奉行から将軍を喜ばせるための庭の仕掛けを考えて欲しいと持ちかけられる。「人生最大の儲け話」と、甚平は次々と趣向を凝らしたアイディアを試していく。おもてなしの喜びとさらなる金儲けに目覚めた大百姓が、殿様に請われ、村人たちを束ね、江戸の世の”テーマパーク”であるユニークな大名庭園をプロデュースする。果たしておもてなしは首尾良く運ぶのか?

という「お噺」のようなとびきり楽しい時代小説。

江戸の名所跡にまつわる物語であり、作品中の宝物は美術館などで実際に目にすることができる。歴史散歩が趣味の人たちのガイドにも好適。

商品の説明

【第7回日経小説大賞受賞!】江戸に“テーマパーク”をプロデュース! 庭園美の極致にして奇抜な趣向で将軍、大名を魅了した尾張徳川家下屋敷「戸山荘」を造った、身分を越えた男たちが繰り広げるユーモアとエスプリに富んだ愉快な時代小説!

商品仕様

書籍 四六判 上製 242 ページ
ISBN-13 978-4-532-17139-1
発売日 2016年02月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。