日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 根本重之 (ねもとしげゆき)

著者一覧

根本重之 (ねもとしげゆき)

1954年生まれ。横浜市出身。一橋大学社会学部卒業、早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。社団法人日本能率協会、財団法人流通経済研究所を経て、現在、拓殖大学商学部教授、公益財団法人流通経済研究所理事。
著書に『新取引制度の構築』(白桃書房)、『プライベート・ブランド』(中央経済社)、編著書に『グローバル・リテイラー』(東洋経済新報社)などがある。
大学で流通産業に関する講義を担当するとともに、過去20年以上にわたり、上記研究所で消費財メーカー数十社の本社の営業および営業企画部門のスタッフを対象とする月例研究会を開催し、消費、大手小売業の動向、流通関連の法規制、ITの変化、メーカーの営業・マーケティング政策などに関するホットなテーマについて報告、提言を行ってきた。近年は、日本スーパーマーケット協会の長期シナリオの作成などにも参画している。消費財メーカー、卸売業、小売業などの要請を受けて行う講演も好評であり、毎年行う新年度を展望する講演は、ここ数年『商品と流通の先を読む』(ケイプラス)というシリーズ名のDVDにもなっている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
「ディープな高齢社会」ニッポンで稼ぐ
  • 書籍

「ディープな高齢社会」ニッポンで稼ぐ

人口減でも1億人を超える巨大市場日本。だが高齢化で来店もできない人が増えるなど消費には地殻変動が起こる。将来のマクロ環境を捉え、流通業がそれでも国内で稼ぐための課題と、いま着手すべき施策の方向性を示す。

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。