日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 中島義道 (なかじまよしみち)

著者一覧

中島義道 (なかじまよしみち)

1946年福岡県生まれ。東京大学法学部、教養学部卒業。哲学博士(ウィーン大学)。現在、「哲学塾」主宰。著書に『醜い日本の私』『人生に生きる価値はない』『孤独について』『私の嫌いな10の言葉』『私の嫌いな10の人びと』『生きることも死ぬこともイヤな人のための本』『どうせ死んでしまうのに、なぜいま死んではいけないのか?』『怒る技術』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
うるさい日本の私
  • 書籍

うるさい日本の私

バスや電車の中、駅や観光地、デパートから不用品回収車まで、日本中いたるところで“おせっかい放送”が聞こえてくる。「戦う哲学者」が孤軍奮闘、静かな街を求めて「音漬け社会」に異議を申し立てた話題の書。
働くことがイヤな人のための本
  • 書籍

働くことがイヤな人のための本

生きがいを見いだせない人や働かない若者が増えている――。面白い仕事などめったにないし、世の中とはもともと理不尽なもの。では、どうしたら意欲を持つことができるのか。哲学的人生論のベストセラーを文庫化。
生きることも死ぬこともイヤな人のための本
  • 書籍

生きることも死ぬこともイヤな人のための本

「人は必ず死ぬのに生きる意味はあるのか」という悩みに取りつかれて哲学者になった著者がたどり着いた結論は? 自らの哲学探究を通して、働くことや人間関係などに悩む人に励ましと救いのメッセージを贈る話題作。
働くことがイヤな人のための本
  • 書籍

働くことがイヤな人のための本

生きがいを見いだせない人や働かない若者が増大。だが面白い仕事などめったにないし、世の中とはもともと理不尽なもの。ではどうしたら意欲を持つことができるのか。心の悩みをたちまち解消する痛快・哲学的人生論。

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。